【 雑 記 】

[引き返す]

[1810] 本家三友


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
この辺り一帯のいちばんの大店、本家三友 いつみても堂々たる姿です

[1811] 本家三友


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
だいぶ擦れてきてますが、赤い字で「お茶屋」とあるのが見えます

[1812] 本家三友


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
唐破風の上の豪華な屋号 「樓」というのがいかにもですね

[1813] 本家三友


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
2008年、高瀬川添いから現役時代の姿

営業中のお茶屋さんは、こうして玄関が開いていて、暖簾や提灯が出ていて、金魚が泳いでいます。
ご存じかもしれませんが、金魚=遊女というわけです

[1814] 羽衣


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
本家三友と橋を挟んではす向かいにある建物、ここには羽衣というお茶屋さんがあったのですが
ごらんの通り、もう屋号もなく、空家となり、ひっそり静まり返っています。

そして左奥に見えているのが新みかさです

[1815]


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
下の羽衣もそうなんですが、窓にうつる電線のゆらぎから分かるように
現代のまっ平らなものじゃなくて、昔のまんまのガラスが嵌め込まれています。

[1816]


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
このあたりの古い建物は、だいたいみんな、こういう昔のガラスがそのまま使われています
上のほうの窓枠、繊細な細工が雰囲気あってイイですね

[1817] 喜久粋


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
屋号の残る鴨川添いのお茶屋さん

玄関先にはおなじみの豆タイル。ガラスごしに暖簾がかかっているのが見えます
窓の意匠がおもしろい

[1818]


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
その隣の建物はこの通りの荒れようです。ほとんど廃虚です

[1819] 孔雀


ミナト [Home Page] 2017/2/25 (Sat.)
そのまた隣にはピンクの豆タイルも鮮やかな孔雀さん ここも屋号がしっかり残っていますね

そういった用途で使われていた建物というのは、一目でそれとわかるように飾り付けられていて、
アールのついた門、カラフルな豆タイル、色ガラスの嵌め込まれた窓、二階の手すり、格子窓、等々といった感じです



OekakiBBS ver.2.83 (C)OekakiBBS.com, All rights reserved.