[戻る]


  2016/6/11 (Sat.)
おうちで日記書くのは、就職してからほぼ初めてかもしれませんw
(色々とまずい発言)

現在34週で、ぷーすけは相変わらず元気いっぱいですw
もう出てくるんじゃないか〜ってレベルで暴れてて、それに押されて
私もちょっとづつ体調もぐったりUPで、ほんとあとちょっと
って感じです(´ω`)

今は、信じられないくらい引きこもった生活をしているのですが、
ウィッチャー3のDLCをこってりやりました。
というわけで感想をば。

■ウィッチャー3 DLC 血塗られた美酒(blood of wine)

今回の舞台は、ヴェレンでもスケリッジでもなく、
完全な新マップ、トゥサンという地域です。
場所的には、ヴェレンの南、南なので気候は温暖で
お花が咲いてぶどう畑が広がり、住民も陽気で華やか
綺麗なMAP。
今まで陰湿な湿地マップとかばっかだったのでこのMAP
だけでも美味しいw

そんなトゥサンを舞台にしたDLCなわけですが、ヴェレンウロウロ
してると掲示板にゲラルト名指してヘルプが、その指示場所に
行くと、たぶん原作で顔見知りの騎士二人がおって、その人たちと
トゥサンへ行くことに。

で、トゥサンに行って依頼主の公爵に会うと、今回の依頼
内容を教えてもらえる。
それは、ボークレールという町の騎士たちが無差別に殺されている
というもの、で最新の殺害現場に行っていくと、無差別と思われた
騎士たちには共通の過去があることがわかる。

なので、今回はこの「ボークレールの怪物」を追うことが目的となる

で、ゲラルトをトゥサンに連れてきてくれた騎士の一人も
ターゲットだということがわかり、守ろうとするが、失敗。

ただ、犯行現場を逃げていった影に追いついて、犯人が
上級吸血鬼のデトラフであるがわかり戦闘になるが、
原作で死んだと思われていた、同じく上級吸血鬼のゲラルトの
友達のレジスが二人を止める。

レジスはデトラフを逃がすと、死にかけていたところを
デトラフに救われた、双方友人のゲラルトとデトラフが
争うのを止めたいってこと、そして、デトラフがこんな
殺人をするはずがなく、今回の事件が黒幕がいることを示唆

ここで、無差別的な怪物事件ではなく、上級吸血鬼を
使った連続殺人だということがわかる。

ちなみに、ここで上級吸血鬼について補則を入れると
本編でも吸血鬼倒すミッションは結構あったけど、
それはどれも下級で、よくある吸血鬼。
今回二人も出てきた上級は、天体の合という天変地異
で別の世界からやってきた種族だそうな、定番の血液
大好きの設定はあるけど、それ以外のにんにくとか銀とか
日の光とかそういうのは全くで、完全に殺すには同じ上級吸血鬼が
止めをさすしかないというチート仕様。

一時、血に狂った上級吸血鬼のせいで面倒なことになったから
今残っている上級吸血鬼は、静かに暮らしてるのが多く
同属を殺すのは超タブーになっている。
なので、デトラフが楽しみで人を殺してるわけは
絶対ないということに。

メインは、このボークレールの怪物事件を追うんだけど
さすがウィッチャー3、サブクエストも充実で、
個人的に面白かったのを箇条書きであげると

 ・銀行で待たされゲラルト
 ・銅像の股間を探すクエスト
 ・保護された銀色バジリスク
 ・自分のぶどう園の発展
 ・グウェントスケリッジデッキ
 ・ローチと会話
 ・恋する騎士のトーナメント
 
と、色々あって面白かったですw

で、メインの話に戻って、レジスと協力して調べていくと
デトラフには、人間の恋人がいて彼女が誘拐されて
脅されて殺人をしていたこと。
そして、今回の依頼をしてきた、公爵家の裏事情が色々わかり、
公爵(女性)には追放された姉(シアンナ)がいて、彼女がトゥサンに
戻ってきているということがわかる。

そして、この双方を進めていくと、誘拐された恋人=シアンナ
であり、すべての黒幕は、このシアンナだったことがわかる。
誘拐は狂言で、デトラフが自分を盲目的に愛しているという点を
使って殺人をさせていたのです。

シアンナは、

ここまでの展開とかすげーって個人的に感動してたのですが・・・
エンディングあたりで、個人的にもにょ〜るが出てきてしまいました。

結局だまされていたことがわかったデトラフは怒り、ボークレールを
下級吸血鬼に襲わせ、シアンナにあわせろと要求。
ただ、公爵はお姉さまを渡すもんか!姉と仲直りしたいんじゃー!
と幻術の世界に幽閉してしまうのです。

で、ここから分岐。

 1:シアンナを幻術世界から開放してデトラフにあわせる

 2:トゥサン地域を支配している上級吸血鬼を頼ってデトラフを呼び出し止める
 
私の初回は、1だったので、1からご紹介すると、この幻術世界を冒険して
シアンナを救出する話なのですが、この幻術世界を一言でまとめるなら
「狂った童話」ですw
ラプンツェルは塔で王子様待ってたのに来ないから、髪の毛で首つってたり
何度も腹切られて切れた狼が赤頭巾と狩人殺してたり
マッチ売りの少女は、マッチ売れないからドラッグ売ってたり
まぁ、さすがウィッチャーな世界でしたw
実は、この世界でもひとつ分岐があって、マッチ売りの少女が
シアンナの昔持っていた魔法のリボンを持っているのですが、
これをシアンナに返しているか、いないかでEDが変わります。

なんとか童話の世界から脱出して、デトラフと会話をすると
起こったデトラフは説得に応じずそのままシアンナを殺そうとします。

ただ、リボンを返していれば、リボンの力でシアンナは
刺される寸前で幻術世界へ飛ばされ生存、デトラフ再度激怒で
ラスボス戦となります。

ででで、さらにこのルートは分岐要素があって、幻術世界も含め
シアンナと行動をともにしているときに、好意的に接していると
姉と妹が和解してグッドエンドとなります。

しかし・・・私は全くそれが見れず・・・何度もやったのですが
毎回決裂で、シアンナが公爵を刺して双方死亡EDになって
しまいました・・・

あと、リボンを回収していないと、デトラフと会話したときに
刺されてそのままシアンナ死亡で、デトラフは去っていき、
ゲラルトは公爵の姉を守れなかったとして、投獄されます。

また、分岐の2をさくっと説明しちゃうと、2はシアンナは生存しますが
好意的に接する機会がないので、確実にシアンナ公爵死亡EDとなります。

EDだけだと。

 和解エンド:シアンナと公爵和解 デトラフ死亡
 決裂エンド:シアンナと公爵、デトラフ死亡
 投獄エンド:シアンナのみ死亡(デトラフは選択肢によって死亡)
 
という3つのEDが用意されております。

個人的には、デトラフはシアンナにだまされてただけなので
死ぬことないよねぇ・・・って気持ちで
シアンナはすべての黒幕だったので正直彼女だけ死ぬ
投獄EDが一番なんじゃね?と思いつつも公爵は
「お姉さまが私を殺そうとしてたなんて信じない!うそつくな!」
みたいな感じなんで・・・なんか和解ED見なくてもいいや。でした。

面白かったんだけど、面白かったんだけど、公爵姉妹があんまり
好きじゃなくて、デトラフかわいそう過ぎて・・・なんかちょい
残念でした。
姉妹和解じゃなくて、デトラフとシアンナ和解ほしかったよ・・・。

ただ、やっぱり2000円は安すぎるすばらしいDLCなので
ウィッチャー3やった人なら、絶対買うべきです。

そして、なぜかデスマーチで強くてニューゲーム始めました。
オイルと霊薬完璧にあるので、あんがいデスマでも進んでますw

:
名 :
MAIL :
URL :
削除パス :
cookie reminder
フォント関連のタグが使用できます

( ´_ゝ`)

OekakiBBS ver.2.83 (C)OekakiBBS.com, All rights reserved.